記事一覧

マルベリー名作バッグが“ミニサイズ”で復刻

マルベリー(MULBERRY)の過去の名作アイコンバッグが、ミニチュアサイズで登場。2021年3月3日(水)より全国のマルベリー店舗にて発売される。なお阪急うめだ本店内の限定ストアでは、2月24日(水)から3月2日(火)までの期間限定で先行発売を実施する。

「マリベリー エディションズ」第1弾

2021年にブランド50周年を迎えることを祝して、「マリベリー エディションズ」と題した限定アイテムが登場。その第1弾として展開されるのが、ミニチュアサイズでアップデートした、ブランドを代表するアイコンバッグたちだ。

過去20年の名作が“ミニサイズ”でカムバック

ラインナップは、過去20年の歴史の中で、特に大きな影響を与えたクリエイティブディレクター、ニコラス・ナイトリーやエマ・ヒル、ジョニー・コカが手掛けた名作アイテム。「アイリス」「アンバリー」「ベイズウォーター」「ベイズウォーター トート」「ロクサンヌ」をはじめ、新たに復刻した「アレクサ」が、愛らしいミニサイズで展開される。

“旅行鞄”着想の「ロクサンヌ」も

中でも注目は、2003年秋冬コレクションでデビューした「ロクサンヌ」。旅行鞄をイメージしたという高機能なバッグだが、今回は、躍動感のあるスタッズやベルトといった象徴的なディテールはそのままに、フレッシュなミニサイズへと進化。コンパクトなサイズ感ながら、マチもしっかり配しているため見た目以上の収納も叶えてくれる。

サステナブルレザー&豊富なカラーパレット

なおコレクション内のカラーブロックのバッグは、ブランドのシグネチャーであるサステナブルレザーを使用。ペールスレート、チョーク、オーク、ディープアンバー、マルベリーグリーンの豊富なカラーオプションを揃えたほか、マルベリーピンクを差し込んだアーカイブチェックも用意している。

関連記事:https://plaza.rakuten.co.jp/momcoc128/
http://deergrylls.top/

人気のバッグ♪—シャネル偽物


有名なカンボンラインのバッグを初め、可愛い系~コンサバ系まで幅広いラインナップも魅力のシャネル。
人気のバッグ♪
シャネルマトラッセバッグ

 【1位】マトラッセ 

オシャレなキルティングが特徴的なマトラッセバッグ。シャネルで1番というくらい有名で、人気も高いです。

シャネルマドモアゼルバッグ

 【2位】マドモアゼル 

縦に入ったステッチとCCマークが印象的。凛とした大人っぽさのあるバッグです。

シャネルバッグ3

 【3位】インザミックス 

キルティングとレザーをMIXしたデザインが特徴で、どんな着こなしにも合わせやすいです

関連記事:http://mizumasa.top/
https://purezennto20.muragon.com/

こんなキーケースが人気です—コーチ偽物3選

「手が届くブランド物のレザーキーケースが欲しい」。そんな方にぴったりなのがコーチ。
コーチは6人の革職人さんから始まったアメリカの皮革工房。上質な革使いと堅実な作りの割りに手ごろな価格がアメリカで受け入れられ、2000年のシグネチャーの大ヒットもあって一躍トップブランドの仲間入りに。
マルジェラ 偽物
コーチ1

【クロスグレインレザー】
耐久性に優れていて発色もいい「クロスグレイン」の革を使った人気キーケース。
6連+1つのキーリングが付いていて機能性もたっぷり。好みも年齢も関係なく使えるのでプレゼントにもおすすめ。

コーチ2

【シグネチャー】
世界中で大流行して、コーチのアイコンにもなっている「シグネチャー」のキーケース。
パッと見てコーチだとわかるのでブランド重視の方にもおすすめ。

コーチ3

【デイジー フィールド】
コーチの中で1番カワイイ♪ フェミニンなフラワーを愛らしくプリントしたキーケース。
素材はコーチらしく本革なのもポイント。高級感もちゃんとあります。

関連記事:http://asuka.to.cx/cgi/mail8/diary.cgi

人気の財布_シャネル


高級化粧品でもおなじみのシャネルは、人気のカンボンラインなど「大人可愛いお財布」も豊富♪

誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントにも選ばれる定番ブランドの1つです。
人気の財布♪
シャネル財布1

 【1位】カンボンライン 

「シャネルといえばカンボンライン♪」
シャネルを代表するラインで、大きめのCCマークが特徴です。

シャネル財布2

 【2位】マトラッセライン 

ラグジュアリーで可愛らしいマトラッセライン。
年齢を問わず大人可愛いデザインが好きな方に選ばれています。

シャネル財布3

 【3位】カメリア 

シャネルの中でも一際 可愛いデザインが魅力のカメリア。
キュート系が好きな方におすすめです。

リュクスな「洗練キーケース」が手の届く価格で

洗練されたデザインと使い勝手のいいOL通勤バッグで一大ブームに…。今や大人のバッグと小物で「無くてはならない存在」のひとつとして数えられるアメリカ発ブランド。
年齢層は20代~40代まで。若い人の間でも人気な中、40代の主婦・ママさんも多数愛用している数少ないブランドです。
エトロ財布 コピー
マイケルコース1

耐久性がありキズがつきにくい「サフィアーノレザー」を採用したキーケース。
シンプルで実用的でお手頃…と、プレゼントでも人気が高い定番アイテムです!

マイケルコース2

バイカラー&錠前モチーフが大人可愛い♪ フェミニン系が好きな大人の方に人気のキーケースです。

マイケルコース3

シンプルな中にも女性らしさのある「レター型」。もちろんサフィアーノレザー製でお手入れも簡単♪ おしゃれなバイカラーもあります。

人気のバッグ—クロエ

クロエは革を使ったバッグで人気が高い、フランスの高級ファッションブランドです。
お出掛け・外出にはもちろん、カッチリとしたシーンにも使える、そんなバッグが揃っています。
人気のバッグ♪
クロエマーシー

 【1位】マーシー 

上品でいてオシャレなマーシー。クロエの中でも有名で、愛用している方も多い定番モデルです。

クロエパラティ

 【2位】パラティ 

カジュアルめなスタイルにピッタリなパラティ。上質な革を使用しており、高級感も兼ね備えています。

クロエアリス

 【3位】アリス 

モダンなデザインが特徴のアリス。都会的、スマートなスタイルにマッチします。

ブルガリ—人気のネックレス

ビーゼロワンなど「ブルガリらしくデザイン性の高いネックレス」が多いです。
ブルガリ好きな方はもちろん、センスのあるネックレスを探している方にもおすすめ。
人気のネックレス♪
ブルガリ・ブルガリ

 【1位】ブルガリ・ブルガリ 

ブルガリといえばコレ♪ ジュエリーから腕時計・財布まで色んなアイテムに使われる、ブルガリの代表的なコレクションのネックレス。

ビー・ゼロワン

 【2位】ビー・ゼロワン(B.zero1) 

オシャレで存在感のあるビー・ゼロワンネックレス。
ブルガリらしさを出せる1本ですね。

コロナ-ペンダント

 【3位】コロナ ペンダント 

ブルガリの中でも一際 上品でシンプルなコロナネックレス。
年齢を問わないデザインは、一生物としてお使いいただけます。

ピアジェ×大人の人気ジュエリー2選!


「気品・可憐・情熱」を備えるレディースジュエラー

芸術性に富んだジュエリーで知られるスイスの憧れのウォッチ&ジュエリーメゾン『ピアジェ』。女性の人生のさまざまな側面と個性、そして生きていく彼女たちが抱く多くの感情を象徴しているピアジェのジュエリー。
女性にとって親密なパートナーにもなってくれる特別な意味を持つジュエリーだからこそ、母や妻として、ひとりの女性として、さまざまなシーンを懸命に生きる私たちに力をくれるはず。

ピアジェを代表するコレクション

他の追随を許さないピアジェのクリエイティビティが存分に映し出された人気のコレクション「ポセション」。

繊細なダイヤがぐるりと囲んでる美しい様と、すっと肌になじませる地金……、美しいハーモニーが、身につける人の気品を引き出します。

繊細なバラに愛と感謝の気持ちを込めて

1982年にジュネーブ国際バラ新品種コンクールで金賞を受賞した優美バラ“イヴ・ピアジェ ローズ”。
そんな歴史を持つ花がモデルとなり、手作業で組み上げられた花弁の中央では最も輝かしい宝石、ダイヤモンドが気高い露をモチーフとしてきらめきます。
庭園で大切の育てられた本物のバラのように、女性的な美しさを纏った「ピアジェ ローズ」。繊細で優しい雰囲気は母の日の贈り物として、深い愛を称えるのにもぴったりです。

30代・40代なら候補にしておきたい大人スニーカー

「アラサー・アラフォーのおしゃれママや主婦に大人気!」パトリックは洗練された大人のスニーカースタイルを提案するフランスのシューズブランド。
スニーカーはどれもカジュアルテイスト+スポーツシューズ並みの機能性を兼ね備えています。
【おすすめのスニーカー】

【マラソン】
走れるくらい歩きやすい♪。柔らかで履き心地のよいレザーを使った大人顔の人気モデル。
【ブランド古着】GUCCI(グッチ)の古着通販 - ZOZOUSED
パトリックスニーカー2

【キングバード】
上品な光沢感のある肉厚メッシュ×上質なベロア生地を使ったエレガントスポーティモデル。ソールはクッション性・耐久性に優れた三層構造になっていて歩きやすさも◎

パトリックスニーカー3

【セット75】
アッパーに高級で丈夫な”銀付きベロア生地”を使ったモデル。上品でいて高級感もある、オトナの女性にぴったりなスニーカーです。

ティファニー×大人の人気ジュエリー3選!

モードな新作で30代~50代まで広く愛される、最愛ジュエリーブランド

今の気分にぴったりのデザイン、私たちの日常のオシャレに寄り添う親しみやすさ、そして身に着けるだけで気分が高揚するリッチ感。すべてを兼ね備えたブランドはティファニーだけ。
自分へのご褒美も彼からのプレゼントも・・・やっぱりこのブランドです。

身につけるたびに自信をくれる、アイコニックな「T」コレクション

ブランドの頭文字「T」をモチーフにしたコレクション。シンプルで力強さがあり、また気品も感じさせるデザインは、揺るぎない存在感を放ちます。


〈中左〉【ティファニー トゥルー】
「T」の文字を上下交互に連結させた、グラフィカルなデザイン。リングに指を通すと模様のように浮き上がり、より立体的な奥行きを感じられます。ひとつでもボリュームがあるのはもちろん、重ね着けでMIX感を楽しめるのも魅力です。
〈中右〉【ティファニー スマイル】
笑った時の口元のように見える愛らしさ。ひんやりと寒い冬に映えるブルートパーズがロマンティックな「ティファニー T スマイル(日本限定)」。
〈下左〉【ティファニー カラー】
「ティファニー T」コレクションの定番であり、名品であるブレスレットとリングに、ジェムストーンを重ね合わせてアレンジ。ひとつひとつ風合いが違う自然素材が、自分らしさの意思表示に。

ティファニー ハードウェア

シンプルな装いをモダンに導く、メタルならではの魅力を堪能して

ニューヨークの街と、そこでたくましく生きる女性たちのエネルギーをジュエリーに込めて……。エッジの効いたデザインは、ドレスにもデイリーウェアにもマッチ。

ダイヤモンド バイ ザ ヤード

女性らしさを宿す繊細さと、自信をくれる“本物感”が魅力

ライン状のさり気ないデザインだから、毎日身につけて、永遠に一緒に過ごせるダイヤモンド バイ ザ ヤード。一粒ダイヤの輝きが放つ、上品さや清楚感といった印象はそのまま自分の印象になってくれて、“いつも女性らしい人”なイメージを約束。

ミュウミュウ、レザーを編み込んだ「イントレッチオ」

ミュウミュウ(MIU MIU)の2020年リゾートコレクションから、新作バッグ、スニーカー、アクセサリーが登場。2019年8月28日(水)から9月3日(火)まで大阪・阪急うめだ本店で開催される期間限定ストアにて世界先行発売される。

ミュウミュウの2020年リゾートコレクションから展開されるのは、レザーを編み込んだ「イントレッチオ」シリーズのバッグや財布、コインケースなど。バッグはアイコニックなクリスタルストラップ付きのショルダーバッグをはじめ、ハンドバッグ、ミニボストンバッグ、ミニポシェットバッグと、バリエーション豊富に取り揃える。

その他、ミニマルなフォルムに大粒のクリスタルを飾った華やかなスニーカーや、ビジューが輝くヘアーアクセサリーも用意。アイテムのカラーはスモーキーなパステルピンクやパステルブルーをメインに、ブラック、グレーなどが展開される。

アニエスベー ウォッチ(agnes b. watch)


パリのエスプリが効いたデイリーウォッチ

品のあるフレンチシックがクラシカルな雰囲気で、洗練されたコーデの仕上げに欠かせない『アニエスベー ウォッチ』。
今シーズンはシンプルなデザインと色使いがトレンドのパリっぽいコーディネートと好相性。

FCRT974

シンプルなスタイルに映えるメンズライクなクロノグラフ…。
カジュアルなコーディネートに好相性なビッグフェイス時計。文字盤とベルトの色を揃えてワントーンにすると手元がカッコよく決まります。

FCRT945

女性らしい華奢な手元が叶うフェミニンなデザイン…。
コンパクトなフォルム×細めのベルトがキレイめなスタイルにぴったり。アクセサリー感覚でつけたい白や赤のベルトは差し色効果も抜群。

A.P.C. レザーグッズ刻印サービスが常設に

A.P.C.(アー・ペー・セー)のレザーグッズ刻印サービス「A.P.C. パーソナライゼーション フォー レザーグッズ(Personnalisation for LEATHER GOODS)」に新デザインが登場。A.P.C.店舗でスタートする。

A.P.C.のレザーグッズ刻印サービスは“世界に1つだけのマイデザイン”を楽しめる人気企画。これまで期間限定・一部店舗のみで行われていたスペシャルなサービスが、全国の店舗で常設で体験できるようになる。
対象は、A.P.C.のバッグ・ウォレット・カードケースなど、バリエーション豊富な革小物。これまでは、裏面のみしか刻印が楽しめなかったが、新デザインとして、バッグのストラップへのエングレービングも可能になる。


■ユニセックス「ジェイミーネックポーチ」
A.P.C.で“いま売れている”「ジェイミーネックポーチ」は、コンパクトなサイズでありながら、深さのあるボディで“想像以上”の収納力を叶えるミニバッグ。内側には4枚分のカードスロット付きなので、お財布を持たずに気軽に外出することも。

メンズ・ウィメンズで展開カラーが異なり、メンズモデルはシルバー、ウィメンズモデルはゴールドと刻印カラーが異なるので、カップルで“おソロコーデ”を楽しむのもおすすめだ。

■ウィメンズ「ミラ バッグ」
A.P.C.のニューアイコンとなる「ミラ バッグ」は、“乗馬”に着想を得た⾺蹄型のクロスボディバッグ。ユニークなシルエットでありながらも、ミニマムなデザインでシーンを選ばず楽しめる。開⼝部が⼤きい為、荷物の出し入れもスムーズ。かぎ針編みとレザーを合わせた「ヘーゼルナッツ」とシックな「ブラック」の2色展開で、一回り小さなミニサイズの「ミラ スモールバッグ」も新登場となる。

MK シグネチャー


アイコニックなシグネチャーロゴをキャンバスに総柄プリントしたライン「MK シグネチャー」では、新作リュック「スレーター ラージ バックパック」が登場。バッグ本体に加え、ショルダーストラップにもMKロゴプリントをあしらい、シックな佇まいに仕上げた。レザーと金具を組み合わせたチェーンがデザインにアクセントを効かせる。

「マーサー ギャラリー スモール コンバーチブル バケットショルダー」は、MKロゴプリントと柔らかなピンクレザーを組み合わせたバケットバッグ。スタイリッシュなデザインに加え、小物の収納に便利なセンタージップポケット付きで機能的に使えるのも嬉しいポイントだ。

バロン ブラン ドゥ カルティエ


レディースウォッチの中で、いちばん新しいコレクション。カルティエの中では比較的珍しいまん丸いフォルムで、ゴールドとダイヤモンドの美しさを体感できるデザイン。女性らしい優しさと凛とした気品を添えてくれる一本。

「ビッグ・バン」スチール ブルー


ラグジュアリースポーティを体現した骨太なシリーズ「ビッグ・バン」。取り入れやすい革ベルトでいて、通な選びを感じさせる主張のあるデザインは一歩差がつくデイリーの味方に。ちなみにペアウォッチも楽しめるのも特徴で、どちらも満足するスペックが嬉しい。

シャネル×大人の人気腕時計2選!


世界のファッション業界を絶えずリードしている『シャネル』のウォッチは、マドモアゼルシャネルの精神を受け継いだ、マスキュリンでフェミニティが宿る。
時代の息吹を取り入れて、常に進化しています。数々の名品は、デイリーなエフォートレスな装いをもラグジュアリーに引き上げてくれます。

ボーイフレンド

【上】
端正でエレガントな時計とモノトーンのルックスで気分はマスキュリン…。2020年の新作は、ステンレススティールのケースに、オパールホワイトのダイヤルの組合わせ。新しくなったストラップは、カーフレザーにふっくらしたキルティングパターンを施したデザイン。インターチェンジャブルなので、簡単な操作で付け替え可能。全19種類から選択可能。
【左下】
男性的なものの中に見いだす女性らしさ。そんなエスプリにあふれた「ボーイフレンド」。大きめのサイズ、は、まるでパートナーの時計を身につけているような、感覚に。
キルティングパターンのストラップが、シャネルらしい遊び心。ストラップは、簡単につけ替えられるインターチェンジャブル仕様となっています。
【右下】
今年で誕生4年目を迎えた、シャネルのアイコンウォッチ「ボーイフレンド」は、レクタンギュラーをモダンにアレンジした八角形のケースデザイン。マスキュリンとフェミニンがこの上ないバランスで共存するエターナルに愛せる洗練がここに。 日本の美しき文化である着物に通じるように、直線だけで描かれるデザインには、品格や知性を感じさせるものがあります。

腕時計も然り。 レクタンギュラー(長方形)ケースから受け取るのはインテリジェンスな印象で、それは女性の聡明さを引き出すもの。端正でありながらモダンさも薫るフォルムはスタイルや個性を問わず、実は似合わない人が少ない、一番合わせやすい形でもあります。


J12

存在感のある時計に引き算したスタイル…オシャレのキャリアが香ります…。
2000年に誕生以来、ウォッチメイキングの世界に一石を投じ、21世紀のアイコンウォッチと称され、人気は不動のものに。
革新的なこのセラミックウォッチは、モダニズムの象徴的な腕時計として、多くのファッションリーダーに愛され続けています。
2019年にはリニューアルし、一見変わらないようで、細部にわたり新しい息吹が吹き込まれました。2020年秋には、サイズダウンした新作7型がお目見え。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ